上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あんぱん、お店やめるってよ

あんこの巨星落つ!
行きつけのパンショップ あんぱん富雄店が2月末で閉店!
むむむむ・・・
安定のあんこクオリティでしばしば利用させて頂いていただけにザンネン。
新たなるあんこをいずこに求めればよいのやら。

anpan.jpg

同好の士! メタボおやぢ氏の辛口(?)あんこブログ

先日、メタボおやぢ氏よりツイッターにてフォローいただきました。
同好の方からご連絡いただきとっても心強い!…しかも氏のブログおもしろい!
2013年は、日本中あんこ大ブレイクに向けて共に闘って行きたいと思います。
あけましておめでとうございます。

メタボおやぢが食うたbean-jam(あんぱん・まんじゅう)

bean-jam.jpg

つぶしがきくつぶあん。なんでも井村屋のあずきバーを解凍すればおしるこになるとか。


親愛なる友人ブロガーAGURI DOG氏よりタレコミ速報あり。
「井村屋のアイス『あずきバー』を温めて食べると、完全に「おしるこ」(ぜんざい)になって激ウマなのである。」
なのだそう。
この衝撃のニュースに身震いしました。
若干の本末転倒フィーリングが頭をよぎりながらも一度この禁断の果実を食してみたいところだな。

関西では常識「緑のおはぎ」の不思議 三色おはぎに「ごま」がない -日経新聞

以前、超速あんこ通信でもとりあげたこれら関西ではメジャーな"ジオラマ作るときに草地の表現をする為のアレ"おはぎの文化的背景について日経新聞が鋭く考察されています。さすがに説得力のある有力な説だと感じました。

関西では常識「緑のおはぎ」の不思議 三色おはぎに「ごま」がない-日本経済新聞

関東では静岡に本社のあるタミヤ模型によってジオラマに使われ、一方、関西では土着的にお好み焼き・たこ焼きのトッピングとして使われはじめ結果おはぎにまで転用されたというのがあばばばのとなえるロジックですが賛同は得られないような気がします。

void(0).jpg

東京あんこ案内 手作りあんの美味しいお店44 時川 真一 (著)

わお!すんごい書籍が出てました。
あんこの魅力をイラストで余すことなく紹介したフリーク垂涎のガイドブック。
著者のブログ「“TOKISHIN'S CREEL”イラストレーター・時川真一のホームページ」でも詳しく内容を紹介されています。
あばばば、もち即買い。いつか関西版も出版されないかしら。
機会があれば時川真一氏からあんこの深淵についてご教示いただきたいです。



e0165365_18145583.jpg

東京見物の際にハズレあんこを引かないで済むと思えばお求めやすい¥1,050。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。