上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北山山荘の立礼席の「薔薇」

西宮市の北山緑化植物園にある北山山荘。
数寄屋造りの名手、今は亡き中村外二氏がつくった北山山荘の茶室を見てきました。
隅々まで神経の行き届いた繊細な茶道空間。

20150516_051449056_iOS.jpg

ひとしきり見学させていただいたあと北山山荘の本館に併設されている立礼席の茶室でお抹茶をいただきました。

20150516_051750693_iOS.jpg

お抹茶といえば欠かせないのが和菓子。
美しいビジュアルのお菓子のなかから「薔薇」となづけられたお菓子をチョイス。

20150516_052505864_iOS.jpg

お菓子の控え目の甘さとおまっちゃの爽やかな苦味がすばらしいのです。
茶の湯の真髄はこしあんにあり!

名古屋駅で小倉トーストのモーニングを。

早朝奈良を出発して名古屋から湯の山温泉へ細君とともに旅行へ行ってきました。
旅の最初の拠点は名古屋駅。名古屋といえばモーニングの小倉トースト。こいつが最初のお目当て。
ゴールデンウィークのせいかすんごい人をかき分けかき分けやっと駅地下の喫茶店「パーラーみかど」
ここのモーニングはつぶあん別盛でした。うまい。

20150504_005827053_iOS.jpg

IMG_2395.jpg

たねや オリーブ大福

バウムクーヘンでその名をとどろかすクラブハリエの中の人、「たねや」が変化球を放ってきました。

IMG_1787.jpg

箱を開けるとまんまるの大福7個に囲まれてオリーブオイルの入った小瓶が目を引きます。
これをかけていただく大福だと・・・。
けるのか?いけるのか?

IMG_1789.jpg

食べてみると、なかなかいける。うまいわこれ。洋菓子も手がける和菓子屋さんならではのアイデアですね。
本体は上品でプレーンなこしあんの大福なのですが、オリーブオイルの新緑の風味が加わってすこし草餅のような感じにもなります。オイルで口のまわりの滑りもよくなりスルッといける。

あんぱん、お店やめるってよ

あんこの巨星落つ!
行きつけのパンショップ あんぱん富雄店が2月末で閉店!
むむむむ・・・
安定のあんこクオリティでしばしば利用させて頂いていただけにザンネン。
新たなるあんこをいずこに求めればよいのやら。

anpan.jpg

法善寺横丁 夫婦善哉

IMG_3647.jpg

大阪ミナミの難波は法善寺横丁。
織田作之助先生の名作「夫婦善哉」の元ネタの夫婦善哉をいただいてきました。
ま、先日NHKで放送していた森山未來と尾野真千子主演の同名ドラマにしびれてミーハー丸出しで、というのが実情なのですが。
お店は水かけ地蔵の真横。ミナミの繁華な街なかにあって古き良き時代を感じさせる不思議な一角です。

メニューは至ってシンプル。温かいぜんざいと冷たいぜんざい、そしてかき氷が2種。
一人前でお椀2杯とゆうところを「夫婦」に見立てているところが名前の由来だそう。
店内は同小説やそれらの舞台や映像作品関係の展示がいっぱい。

DSC_1128.jpg


DSC_1127.jpg

今回は細君と温かいぜんざいと冷たいぜんざいを一人前ずつ注文して一碗ずつリアル夫婦で交換。
ぬく甘いのと、ひや甘いのを交互にいただく作戦で堪能してきました。嫁はんあんことダンナあんこを交互に啜る。うまい。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。